春菜とアフィリエイトと投資競馬で稼ぐブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9/2(日)新潟競馬第11レース、新潟2歳ステークス(JpnIII)、芝の1600mに、18頭立て、中舘英二騎手騎乗で出走いたします。発走時刻は午後3時45分です。
8/29に南Wコースで、内のスマートキャリー(3歳未勝利)を0.5秒追走し、ラスト1F併せる追い切りを行い、馬ナリで、69.4-53.1-38.6-12.9の時計でした。畠山調教師は「先週、中舘騎手を乗せて速いところをやっているので、今週はまったくの馬ナリで気合を乗せる程度。動きは良く好調です」とコメントしています。ご声援ください。
スポンサーサイト
8/5(日)新潟競馬第2レース、2歳未勝利、芝の1400mに、18頭立て4枠8番、中舘英二騎手騎乗で出走し、見事初勝利を挙げました。 ゲート内の駐立ではうるさい場面もありましたが、良いスタートを決めました。他馬が行く気配を見せないので、そのまま先頭に立ちレースを作りました。道中、ノメッて脚下を気にしているようでしたが、快調に飛ばし、直線半ばでセーフティーリードを保ち、そのまま、2着に0.5秒差をつけてゴールを駆け抜けました。 馬体重は前走から+6kgの480kgで、パドックではのんびりと周回し、地下馬道で騎手が騎乗すると一気に戦闘態勢へと変わりました。騎乗した中舘騎手は「本当は今後のことも考えて行きたくはなかったのですが、スピードがあり、押し出される形になりました。前走よりさらに良くなっていました」とコメントしています。畠山調教師は「回復途上の馬場で、レースを引っ張って、レコードにコンマ2秒の好時計。2着以下にも差をつけたし、価値ある勝利ですね。中間、休まず調教し、輸送もあったのに馬体が増えていたのも好材料です」とのコメントでした。今後は、9/2の新潟2歳ステークス(JpnIII)を目標に調整していく予定です。

thumbnail.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。